それなりブログ

とあるWebエンジニアのそれなりのブログ、JavaScript/Node.js/Python/PHP/ゲーム作成 など

[JavaScript] 配列から要素番号を指定して削除

Array.splice を使う。

>>> var a = [11, 22, 33];
>>> a.splice(1, 1) // (要素番号, 個数)
[22]
>>> a
[11, 33]

毎回忘れるので書いてみた。

他の言語はどうなんだろう?

削除だから ‘delete’ や ‘remove’ じゃね? または ‘pop’ じゃね?
・・・と、考えてしまうのが原因で忘れることに気付いたので、
その脳インデックスを修正する必要があるのか、他の言語を見てみる。

Python

>>> l = [11, 22, 33]
>>> del l[1]
>>> l
[11, 33]

または

>>> l = [11, 22, 33]
>>> l.pop(1)
22
>>> l
[11, 33]

PHP


$array = array(11, 22, 33);
array_splice($array, 1, 1);
var_dump($array);
/*
array(2) {
[0]=>
int(11)
[1]=>
int(33)
}
*/

と、ここまで調べたら、こんな良エントリがあった・・・。
配列操作の比較表: Ruby, Python, JavaScript, Perl, C++

‘delete’ だと思っちゃうこと自体は、間違いじゃなさそうだ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Categories

Archives