それなりブログ

とあるWebエンジニアのそれなりのブログ、JavaScript/Node.js/Python/PHP/ゲーム作成 など

プログラマの愛情を他人はわからないから

「サービスやシステムの開発・運営を継続する上で、
 愛情・愛着を持つことは重要(*1)」

・・・という話は、誰に言っても通じる話だと思いますが、

プログラマの場合は、

 「ソースが充分にリファクタリングされ、美しい」
 「モデル化がうまく行き、クラス設計が完璧」
 「完全にテストドリブン」
 「自作ライブラリを利用している」

・・・など、こういう点が愛情の発露・維持に繋がるんだ、ということは
上記ほど世間様には知られておりません。(てか、全く)

リファクタリングやテストドリブン等、
プログラマの儀式(非プログラマにはそう見える)を説明する際には、

 「ダメなんだよ!これじゃ、このコードじゃ愛せないんだよ!」

みたいなことを言うと、

もしかしたら、決済権者の方に
「あー、そういうことね、じゃあ工数取るよ」
と話が通じるかもしれません。(*2)

「しっかりした開発は大事でしょ、わかってよ」的なエントリを読む度に、
どっちかというと上記の影響の方がデカいし、話が通じるんじゃないかなー
と常日頃から思ってた(*3)ので、書いてみました。

(*1)
愛情があると、常日頃からそのことを考えているので、
アイデアも浮かぶし、設計や実装の不整合も気付くし、という風に
かなりのプラス補正が掛かります。

(*2)
まぁ、にしたって、単に判断の一要素に過ぎませんけど。
ただ、事実そういう「利益」は存在するので、顕在化はすべきだと思う。

(*3)
とか言っておきながら、
自分の場合は、そういうプログラマ愛が低いので、
実感としてはそんなに無かったりします。すませんです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Categories

Archives