それなりブログ

とあるWebエンジニアのそれなりのブログ、JavaScript/Node.js/Python/PHP/ゲーム作成 など

ごみ箱を使わない生活

っても、リアルなごみ箱じゃなくてWindowsの「ごみ箱」のことです。

自分の場合、不要なファイルが発生した場合は、
以下のように片付けている

1. 不要なファイルは基本的には削除をせずに、
 tmpディレクトリとかを作ってその中に放り込む。
2. 溜まってきたら日付でソートして削除する。

こうするメリットは、
極小の管理コストでデスクトップを綺麗にしつつ、
ほとぼりが冷めるまでは取っておきたいファイルを保持しておくことが出来ること。

既存のごみ箱でも出来ないことは無いけど、
間違って消しちゃったりするし、
そもそもそういう使い方をしない設計で作られている機能だと思うので、
あんまり良くないと思われる。

また、ツール入れればいいのかもだけど、
これでやればOSを問わない(単に考え方だから)ので、
多少不便はあっても運用対処にしている。

他の人はどうしているんだろうか?

それにしても、実装してないと書くことねーなぁ・・・。


2 Responses to “ごみ箱を使わない生活”

  • 通りすがり より:

    私は「deletemeYYYYMMDD」という名前のディレクトリを多用しています。
    tmpという名前だと、未来の自分や他の人が見たときに「もしかしたら、これ消すとまずいのでは」と思ってしまうので。

  • kjirou より:

    あー、それはありますねー。
    自分の場合は
    「万が一必要なファイルだったとしても、そんな大層なことにはならないはず!」
    ・・・という考え方から
    「残ってたらラッキー」程度の期待で一時保存しております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Categories

Archives