それなりブログ

とあるWebエンジニアのそれなりのブログ、JavaScript/Node.js/Python/PHP/ゲーム作成 など

Webエンジニアが聞いて来たUnityの概要

Unityのことが気になったので、Unity勉強会に参加して、
ハンズオンをしたり質問したりして来ました。

以下、Webエンジニアの自分的に気になった点のまとめですが、
未検証な情報が多分に含まれているので、鵜呑みにはしないで下さい。

Unityとは

3Dゲームとかが作れるIDEソフトウェア

基本無料だが、機能に応じて有料になる

言語は C# が基本、JavaScriptやBooという言語も使えるらしいが、オススメはされなかった

バージョンは4がいい?3がいい?

2・3ヶ月前にバージョン4が出たということで、使うならどちらがいいのかを聞いた
そうしたところ、「4で問題ない、大体は同じ、異なる点も4の方が便利」とのこと

3Dのもの以外も作れるの?

聞いてない!どうなんだろう・・・?

どの位のお金が掛かる?

試しに作ってみて、Webにリリースする位までなら無料。
仕事で使うなら、いずれは Basic(無料) から Pro(有料) に10万円位で更新するものらしい。

その他も有料機能がいくつかある、例えば、iOSやAndroid用のビルド機能は有料。

フルで30万円程度掛かるらしい。

対応環境は?

Build Settings という項目を見ると、以下に対応しているよう

  • Web Player (Webブラウザ?)
  • Google Native Client
  • iOS
  • Android
  • Xbox 360
  • PS3
  • Wii

好きなエディタは使える?

IDEから開く場合のエディタは MonoDevelop というエディタ

でも、ファイルを直接Vimなどで開いて編集しても問題ないとのこと。

ただし、ファイルの追加と削除はUnity上から行わないとダメ
ファイルを管理しているメタ情報がぶっこわれる

バージョン管理は出来る?

SVN や Git に接続出来る。動作が安定しているのは SVN。

Git は不安定らしい。
ググるとブランチ関連が危ないっぽいので、master 直コミットだけなら大丈夫かも?

テストはどうしている?

聞いた方の職場環境では、ユニットテストの他、動作テストも自動で行っているらしい
方法などは不明。ちょっとググった限りでは、別途ライブラリがあるみたい

オススメされたビギナー用学習教材



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Categories

Archives